タイマー殺人事件〜予告編〜


季節外れの大雪に見舞われた、とある辺境の村。
白い雪に包まれた、幻想のような出来事だった。


タイマー殺人事件〜予告編〜


たまたま訪れた、ありふれた青年。
ほんの気まぐれから真相に辿り着く男と、彼に付き添う女性。
難事件に立ち向かうことに全力を尽くす、一匹の探偵。

偶然と偶然が幾重にも重なり合い…
それぞれの物語を紡いでいく…

予告編第1章
ヒグラシが泣く頃に〜ゴクツブシ編〜


遠足のおやつは300円 それはチョコとクッキーの値段
遠足のおやつは300円 それ以上は持って行けない
遠足のおやつは300円 でもね、先生…
バナナはおやつに入るんですか?

                【Frederica Bernkastel】


東京の学校に通う青年、ヒグラシは、勉強の息抜きにと思い、ある村を訪れる。
そこで出会う少女…みここ。
巫女装束に身を包む彼女と打ち解け、村で過ごす時間を楽しむヒグラシ。
しかしある時、みここが告げる。
「ヒグラシ…今すぐ東京へ帰れ」
彼女が予言する、ヒグラシに降りかかる悲劇とは一体…?

村に似つかわしくない、高層のホテルに宿泊するヒグラシ。
夜中に訪れた謎の電話と、後ろから迫る姿無き足音。
そして次の朝…
タイマーのもとを訪れたヒグラシは異変に気付き、扉を押し破るのだった…。


「みここの顔に、何かついてますですか?」

ヒタ…ヒタ…
足音が聞こえる。

「へぇ、ニャミさんやタイマーさんもこの村に来てるんだ」

「ヒグラシにも、きっと帰りを待っている人がいるのですよ」

電話に誰も出んわ…。洒落を考えてる場合だろうか?

「空気嫁」

地面には、扉にかけられていたであろう心張り棒が転がっていて…
小屋の置くには…
赤い…

予告編第2章
封印三度〜Who in sand?〜


とある村に豪華なホテルが出来たという話を聞きつけ、鴨川を誘って観光にやってきたミク。
白衣を着ていると理化の先生っぽいから、という理由で「先生」と呼ぶ彼女に対して、鴨川は無関心であるかのようだ。
辺鄙な土地に似つかわしくない高層ホテルの最上階、そこで彼女たちは数日を過ごす。
残念ながら部屋は別だが。
ある時鴨川の部屋を訪れた彼女は、外の景色を眺めている彼の様子を不思議に思うが…?

ある日、旅行者である彼女らを、一匹の探偵が訪れる。
名を、アルビレオ。
探偵は先日起こったという事件について、鴨川に科学的な見解を求めにやってきたのだと言う。
第一の密室、ヒグラシという青年の足跡しか残されていなかった、新雪に囲まれた現場。
第二の密室、木造の古びた平屋のドアに内側からかけれらていたという心張り棒。
アルビレオに部屋を追い出され、話の内容を知ることができないミク。
しかし、後の鴨川との会話で、彼が伝聞だけで真相に辿り着いたことを知るのだった。

二人はラブラブ(仮)。
論理的だったりシュールだったり、はたまた安楽椅子探偵だったり。
そんな二人の会話をお楽しみください。


「先生、現実って何でしょう?」
「現実とは何か、と考える瞬間にだけ、人間の思考に現れる幻想だ」

「純白に紛れ込む歪みによって、それは『純白』ではあり得なくなる」

「先生、仰る意味がわかりません」
「誰かにわかってもらうのが目的ではないからね」

「そう、例えば…しぼめ、梅干!なんて…」

「真実を語っているのは誰で、誰のための真実なんだろうね。
 もしそれが事実ではなくても、語り手や聞き手が認識している限り、それは真実なんだよ」

予告編第3章
アルビレオ探偵の事件簿〜猫缶とボクと、時々布団〜


アルビレオの手帳に書かれた手記より。

『私がこの地を訪れていたのは偶然であり、また幸運でもあった』

『これが現場に落ちていた心張り棒…しかし、何かがおかしい』

『ニャミさんが気を失われました。無理もありません』

『誰もいないはずの部屋に、気配がある。
 くっ!今、武器になるものは…』

『今日の朝食はホカホカの猫まんまに…
 ジッチャンの、カニかけて!
 ジッチャンの、ウニかけて!』

『鴨川氏の助力により、事件は解決へと向かっている。
 あとはアリバイだけか』


手記は、アルビレオがヒグラシに会うところから綴られている。
様々な謎に包まれた、辺境の村で起こった事件。
勇猛に立ち向かうアルビレオだったが、


手記は、解決前に途切れているのだった…。

予告編第4章
名探偵の碇(いかり)〜タイトルで9割方ネタバレしている件について〜


いろはにパ○ーフォークがないと少女は泣いた。
少女は数ヶ月かけて検証する。

いろはでなくカーニバルにあるかもしれないと少女は泣いた。
少女は数ヶ月かけて検証する。

カーニバルでなくてフィーバーにあるかもしれないと少女は泣いた。
本当に存在したか、疑うのにあと何作?

                【Frederica Bernkastel】



アルビレオの手帳を頼りに、事件の真相に辿り着くミミ。
関係者一同を前にして語る事件のあらまし。
果たして、事件の犯人とは?
そして、ヒグラシの涙の意味とは?

彼らは大団円を迎えることができるのだろうか。


タイマー殺人事件〜パロディっていうよりパクリ〜
全てを目の当たりにするのは、貴方だ。

※公開日:無期限未定

トップへ

動画 アダルト動画 ライブチャット