「ミミちゃんのわからず屋ー!」
「何さニャミちゃんの石頭ー!」
と、俺の部屋でキャンキャン騒ぎ立てる獣が二匹。
神の部屋で勝手に喧嘩してんなっつーの。
目をやれば掴み合いまで始めた様子で、二人のオーバーオールもシワになってきている。
何でベストヒッツ!の格好をしているんだと思ったが、どうせあれだ、動きやすいからだろ。
あーあ、そんなに暴れるな。
ハウスダストが舞うだろうが。
「おーい、お二人さん」
「何?」
「何さ」
ギロッと睨んでくる。
おー怖ぇ、石にされちまう。
「喧嘩の原因は?」
「ミミちゃんが聞き分けないんだもん!」
「ニャミちゃんがわかってないんだよ!」
そう言いながら、それぞれ相手に向かってビシッ!と親指を立てる。
ビッチの似合うアイドルNo.1だな貴様ら。
「あー、わかったわかった。アルファベット順でニャミから説明してみろ」
「…ABCDEFGHIJKLMN」
「ミミちゃんのMより、あたしのNのほうが後じゃないの」
素で間違えた。文句あるか。
「いいからさっさと喧嘩の理由を話せ」
自分のミスは気にしない男、MZDとは俺がこった。

「二人でエッチするのに、コタツでしたいって言ったらミミちゃんが怒るんだもん」
ほうほう、それで?(AA略)
「で、ミミは?」
「まだおコタツ出してないし、第一抱き合ってたら暖かくなるんだからベッドでいいでしょ」
ふむふむ。
「ベッドでするの飽きたー!」
「なら普段と違う道具使えばいいでしょ!」
「やだー!今日は道具使いたくなーい!いつもと違う場所がいいー!」
「ニャミちゃんの石頭ー!」
「ミミちゃんのきょにうー!」
それは悪口じゃないと思うぞ。
よし、
「それじゃ、こうしろ」
二人の頭を鷲掴み。
「タイマーん家のベッド借りろ。そんで3Pでもしてろ」
てりゃっと気合を入れて部屋の外へ投げ捨てる。
「にゃー!」
「みゅー!」

毎日毎日喧嘩ばかり…よく飽きないもんだ。
昨日は確か、「エッチを昼にするか夜にするか」だったか。
一昨日は「キスから先かクロスアウツ(脱衣)が先か」で。
明日は「ピンクのバイブと紫のバイブ」で揉めるか?

はぁ…
溜息をつき、俺はコンビニの箸の袋に爪楊枝を入れる作業に戻った。

トップへ

動画 アダルト動画 ライブチャット