鴨川研究員〜なつやすみのしゅくだい〜


えー皆様、お忙しい中お越し頂きありがとうございます。
只今より私、IDAA(国際異能研究所)所長代行鴨川哲夫に依ります夏期休暇の課題、「自由研究」について発表したいと思います。
今回私が扱った題材はズバリ、「ミミニャミとミニッツに関する考察」であります。
拙い言葉ではありますが、御静聴のほど宜しくお願い致します。
また、真に勝手ながら敬称は省かせて頂きます。

えー早速、第一の考察について説明させて頂きます。
えー、以前よりこのミミニャミお二方につきましては、我々の間でも様々な論争が繰り広げられてきました。
その中で、ある日私に天啓とも言うべき解釈が浮かび上がったのです。
皆様、スクリーンの映像をご覧下さい。

     ネコ  (゚д゚ ) 
      \/| y |\
彼が今、手にしているのは「ネコ」です。
「ネコ」の名前の由来につきましては、「寝ている子」からネコとする説、「家子」が訛ってネコになった説等がございますが、
詳しい説明はパンフレット付属の別紙『「ネコ」の由来』を参照して下さい。
さて、この「ネコ」に

     ネコ  ( ゚д゚)   +1 
      \/| y |\/
「+1」と言う事で、ある物を付加させます。
この時付加させる物は属性でも物体でも構いません。
そして、ここで彼が手にしているものを組み合わせるとどうなるでしょうか。

        ( ゚д゚)  ネ申
        (\/\/
えー、このように「神」という文字が浮かび上がります。
これをニャミに当てはめると、

α:ネコ+1=神
β:ニャミ=ネコ+人属性
α・βによりニャミ=神

このような公式が成り立ちます。
えーここから、一部の集団では既に常識となってはいるようですが、ニャミは神であると証明されました。

えー、では次にこちらをご覧下さい。

   ネコミミ  (゚д゚ )
      \/| y |\
彼が今度手にしているのは「ネコミミ」です。
「ネコミミ」と言う物は、以前は「猫耳」という表記が主流でしたが、とあるmovementを境に片仮名表記へと変貌を遂げました。
これにつきましての詳しい説明は、別紙2の「ネコミミモードでーす?」をご参照願います。
また猫にとって、耳は強さを表すものでもあるようです。
一部が千切れた耳などは、猫同士の喧嘩によるもの…言うなれば歴戦の強者の印ともなりうるのであります。
えー、このネコミミに

   ネコミミ  ( ゚д゚)   +1 
      \/| y |\/
先程と同様に、ある物を付加させます。
これに因って先程の事案のような変化が起こるわけですが、

        ( ゚д゚)  ネ申ミミ
        (\/\/
今度は「神ミミ」へと形を変容させました。
これを公式に当てはめると、

α:ニャミ∋ネコミミ属性+n
β:ネコミミ+1=神ミミ
α・βによりニャミ∋神ミミ

つまり、ニャミの存在の内部には神ミミが含まれることが大前提だとわかります。
え、これを先程の「ニャミ=神」と一緒に考えることにしましょう。

α:ニャミ=神
β:ニャミ∋神ミミ
α・βにより神ミミ+ニャミ=超神

よって、ミミニャミは二人揃うことでMZDをも凌駕する存在、すなわち神そのものとなったのであった…いえ、なったのであります。
未だ不十分な考察ではありますが、私の考察が今後の議論に一石を投じることになれば幸いと存じます。

それでは続きまして、第二の考察に移りたいと思います。
えー、近年、ミニッツ派という一大勢力の隆盛でニャミ派・ミミ派、果てはタイマー派などもその影響を受けました。
如何せんミニッツに関しては、議論の礎となる基本情報が大きく欠落している現状であります。
しかしながら、今回私はとある信頼できる情報筋より、ニャミ・ミミ・ミニッツのスリーサイズ情報を得ることに成功しました!
(※拍手)
えー、ありがとうございます。
えー、その情報を元に、ある大手企業と合同でグラフを作成しました。
スクリーンのグラフをご覧下さい。

     【ニャミ・ミミ・ミニッツの胸囲】T.Kamogawa & S社

      |
 ニャミ |                     ●
      |
  ミミ |                       ●
      |
ミニッツ |                  ●
      |
      |
      └──────────────────────
     (バスト)               AA   A   B   C   D   E

なんと、この3人のバストサイズをグラフにするとそれほど差はないことが判明致しました!
むしろ年齢差を考慮すると、ミニッツのほうが大きく見えるほどであります。
この件に関しましては、S社の方々も驚きの様子でした。
えー、しかし、私はこのグラフを元に、さらに今後の予想を行いました。
えー皆様、事前に告知されたように「2ちゃんねる専用ブラウザ」はお持ちでしょうか。
では、こちらをご覧下さい。

>>141

えー、このグラフについては説明のしようがありません。
私自身も「まさか!」と思うばかりであります。
このような急激な胸囲の推移はまさに脅威としか言い表せません。
私はこの現象を「バストアムーヴ現象」と名付けました。

えー尚、3人のスリーサイズにつきましては、別紙3「Sorenant et Roage」を参照して頂きます。
が、これは特に情報重要度基準の「レベル7」と設定させて頂きます。
情報を流布することで、各々方ご自身が危険に晒されることが容易に想定されますので、決して外部に漏らすことの無き様ご留意願います。

えー、これで私、IDAA(国際異能研究所)所長代行鴨川哲夫の発表とさせて頂きます。
このことが、明るく笑って暮らせる社会への第一歩となることを心から願う次第です。

トップへ

動画 アダルト動画 ライブチャット