「え?」
そこで、かごめちゃんはくくく、と含み笑いを漏らした。
「まあ、お風呂がそろそろ一杯になったと思うから、続きはそこで、ね。もちろん一緒に入ってくれるわよね?」
……何となく、ピンときた。
やっぱり、このおねーさん、底抜けにえろいっす……。
あと、恐い……。

「そこに立ちなさい、ロキ」
アタシは、シャワーの真下に立たされた。
「……一つ聞きたいんだけど。もしかして、かごめちゃん最初からこういうつもりだった?」
「当然。あなたに何を言ったらどういう行動を取るかなんて、簡単に想像つくもの」
どうやら、アタシはまんまと罠に落ちたらしい。
「で、かごめちゃんは何をする気でいますか?」
「けんぶつ」
「はい?」
「あなたのオナニーを見物」
「お、おなっ……?」
「わからないなら言い換えましょうか? 自慰。マスターベーション。一人エッチ。
言い方は別に何でもいいけど。あなたは、そこで自分で自分を慰めるの。で、私がそれをこっちの浴槽で眺める。これは恥ずかしいわよ? 
おしおきなんだから、あなたにダメージを与えるものでなくちゃね」
……なんてことを思い付くんよ、この人は。
「あ、もちろん一回イクまでね。途中退場はなし」
「ごめん! それやばい! 何とか他のことに変えてもらえないっすか!?」
「ダメ。はい、はじめ」
強制的に、開始のコールをされてしまった。
……どひゃー。

アタシも一人えっちの経験がないわけじゃないけど、さすがに人前でするのは初めてだ。
どうしていいのか、わからない。
けれど、何も出来ずに突っ立ってる私に、かごめちゃんは容赦なく罵声を飛ばしてくる。
「ぼーっとしない!」
「うぅーっ、でもさぁ……」
「何していいかわからないなら、私が指示を出すわ。まず、胸から愛撫」
「……」
「返事」
「……はい」
何もしない、ってわけにはどうやらいかないみたい。
……てきとーにイッたふりして誤魔化しちゃおうかな。
仕方なく、アタシはおっぱいに手を添える。
「あぁーん……」
「大根。そんな演技臭い喘ぎ声で、私が騙せると思ってるの?」
……くそ、ばれてら。
本気でアタシがイクまで、この人離さない気だ。
……ちきしょー、なら、やってやろうじゃんよっ!
軽く手を動かして、おっぱいに刺激を与える。
でも、ぶっちゃけほとんど出っ張りのないアタシの胸では性感帯も発達してないらしく、あまり……いや、全然気持ちよくない。
そこでアタシは、指先を乳首に当てた。
「……ん」
ほんの少し、演技じゃない吐息が漏れる。
さらにアタシはくりくりと指先を動かし、桜色の突起を刺激した。
徐々に先端に血が集まり、ぷっくりと膨れていく。

かごめちゃんの顔を見ると、『合格』とでも言いたげな満足そうな表情をしていた。
(……視線が痛い)
かごめちゃんは、アタシの行為一つ一つをじっくりと凝視しているみたいだ。それこそ乳首が勃起する瞬間まで。……変態め。
けれど、気になりだすと、もう止まらない。
まるで、超能力でも使われているみたいに、かごめちゃんの『視線』はアタシの体にぐさぐさと質量を持って突き刺さった。
「……ぁん。……はぅ」
次第にそれは、はっきりとした刺激になって、アタシの体を熱くしはじめた。
視線が走ると、それだけでアタシはかごめちゃんに愛撫されているような気分になってしまうのだった。
自然と、乳首を触る指の動きも速さを増していく。
(……ってアタシも変態かよっ)
いけない。こんなことかごめちゃんにばれたら、間違いなく口撃のいいターゲットだ。
アタシは、できるだけ何も考えないように、ただ行為にだけ集中することにした。
指先にできるだけ神経を集中させられるよう、複雑な動きも織り交ぜてアタシは乳首をいじり続けた。
……でもダメだった。
ふっと気が抜けると、どうしてもかごめちゃんの方に視線が行ってしまう。
そして、その度にまたそれを意識して、頭から離れなくなってしまうのだ。
しかも始末の悪いことには、そうやって視線を意識しているときの方がアタシの体に響く快感の度合いは大きい。
だからどうしても、かごめちゃんの目を意識せざるを得なくなる。
(……堪えろ、アタシ!)
ぎゅうっと目を閉じて、強制的に視界をシャットアウトする。
これなら、アタシ自身だけに集中できるはず。
けど。
「……何、目え閉じてるのよ。ちゃんと私を見なさい」
それさえも、かごめちゃんは許してくれない。
「うぅぅ……。オニぃ」
この人、自分で魔女、って言ってたけど、多分当たってるんじゃないかな。きっと前世でホントにそういう職業だったに違いない。
目を開けばまた、かごめちゃんの視線を感じてしまう。
これじゃ、堂々巡りなのに……。

「ね、ロキ? もしかしてあなた、私が何か言うの待ってる?」
「ふぇ?」
「なんとなーく、ね。様子を見てると、明らかに私の視線を愉しんでるのに、敢えて目を反らそうとする。
あ、別に非難してるわけじゃないわよ。恥ずかしさと気持ち良さって紙一重だし。そういうの見たいし。
でもね、わざわざそうやって、気持ち良さを犠牲にしてまで私から逃げてるのを見ると、どうしてもこう思っちゃうのよ。
あなたは、私があなたを観察して、そのことを口に出すのを恐れている」
……ばれてる!?
「恐れていて、反面期待している。聞いたら、そのことに反応してしまう自分がいることを知ってるから。つまり……」
期待? そんなのしてないって!
ただ、かごめちゃんにいじめられると、何かやな気持ちになるから。
なるから……。
でも、だったら、今のこのアタシの胸のドキドキは何だろう?
「つまり逆説的に、あなたは私がこう言うのを待っている。曰く、

『ロキ? あなた、私に見られて感じてるわね』 」

びくっ!
体が軽く痙攣する。アタシは今までで一番強い快感が全身を貫くのを感じていた。
「図星。見られて感じて、言葉に感じて……。あなたやっぱり真性かも。
私も人のことは言えないけど、多分オナニー見られて感じるなんてことはないと思うなあ……」
かごめちゃんの口撃は続く。
そして、その言葉一つ一つに反応するアタシ。
「やめ……」
「やめていいの? ああ、そうね。その方がおしおきになるか。でもあなたのことだから、放置にも快感を見出してしまいそうだわ」
「お願い! もう何も言わないでっ!」
「嫌。私が愉しいのは、こうして喋ってる方なのよね。放置プレイじゃ私の介在する余地がないもの。
……あ、そうだ。いいこと思いついたわ。ここからは、あなた、ずっと私の指示通り動きなさい」
恥ずかしさと快感で、頭がフットウしそうになる。
かごめちゃんは、大きく深呼吸をして、満を持したように口を開いた。
「そろそろ下の方が可哀想。ロキ、いじってあげなさい」

今回は、アタシも気付いてた。
というか、こんだけ全身快感まみれになってたら、当然下もすごいことになってるだろうことは予想してた。
けど……。
かごめちゃんの命令で『それ』をやらされるのは……。
「恥ずかしい? それでなきゃ意味ないわ」
「うぅぅぅ〜……」
アタシはおま○こに中指を差し入れた。
そこはもうアタシからあふれ出た蜜でどろどろになっていて、ほんのわずか動かしただけでもぐちゅぐちゅと水音を立てた。
熱い。マグマの中に指を突っ込んでるみたい……。
「……ふぁ。……きもちっ…っ…」
思わず声が漏れる。
「指一本じゃ物足りないわね。もう一本追加」
えぇぇっ……。
そんな無茶な……。
頭の片隅でそんな声がしたけれど、もう、アタシは半ばかごめちゃんの指示通り動くマシーンも同然になっていた。
勝手に、指が、動いて、
ずちゅ……。
中指と同じ所に突き刺さる。

「……んんんんっ」
「いいわ。そのまま動かして。気持ちよくなるように」
ぐじゅ。ぐじゅ。ぐじゅ。
言われるがまま、二本の指を曲げ伸ばしして、
ぐちゃ。ぐちゃ。ぐちゃ。
掻き回して、
ずちゅ。ずちゅ。ずちゅ。
出し入れして……。
「ぁはぅッ! かごめちゃ……んンッ、次はっ?」
「その前に、乳首がお留守。ちゃんと両手使いなさい、両手」
「ひんッ!」
左手を乳首に。
円を描くように動かして、時折、摘まんでみたりする。
「うひゃぅッ! あっ…… あぁんっ!」
膝ががくがく笑い出して、アタシは立っていられなくなる。
しゃがみ込みそうになると、
「立ってなさい」
壁に背をつけて、辛うじて体勢を保った。
かごめちゃんは、そんなアタシを見てくすくす笑っている。
……でも、よく見ると、そんなかごめちゃんも瞼がとろんとして、頬に軽く朱味がさしているようだった。
「……のぼせてるわけじゃない、よね。かごめちゃんも……感じてるのね」
「そうね。私も……気持ちいい」
そう言ってかごめちゃんも手を二本の脚の間に差し入れる。

「……あっ」
この声は、アタシじゃない、かごめちゃんのもの。
ただ、いじめてるだけじゃない、お互いに気持ちよくなるための手段なんだって改めて気付かされて、アタシは嬉しくなった。
「……かごめちゃんの変態……ぃっ……」
「……お互いさまでしょ。……んんっ……。そんなの、誉め言葉にしか聞こえないわ…ッ……」
「……ばか。でッ…ん……、アタシは…っ…次っ……に、何をすればいいっ……あふぁンッ……のッ……!?」
「いい……っ……。そのまま、最後……ぁっ…まで、イキなさいッ……!」
「……おっけぃ」
じゃ、これが最後の指示、ってことで。
アタシは両手の指を動かす速度を上げる。
「あぅ……あっ、あっ、あんッ……! あぁンっ!!」
下腹の辺りに、次第にカタマリのようなものが集まっていく。
「ふひゅッ……! ふはぁぁッ……!! ふぁあぁぁあ……ッッ!」
ちゅぐっ!
ちゅぐっ!
ちゃぐっ!
「かごめちゃん、アタシッ……もうイクッッ……!!」
「えっ……ちょ……待ってッ!」
「待たないッ! もうムリッ! あああァッ!!」

ぐ、ちゃ、ちゃ、ちゃ、ちゅ、ちゃ、じゅ!

「……んンあぁぁァァあぁァんッッ!!!」
「あああっ! 待ちなさい、って言ってるのにぃっ!」


びくんっ!!
肢体が一度大きく跳ね、アタシは絶頂する。

「はぁぁぁ……」
ずるる、と壁を伝ってお尻を床に落とす。
股の間からじわじわと溢れた愛液が、床に広がっていった。
ぼーっとした頭で、かごめちゃんの方を見遣る。
と、かごめちゃん、しょげていた。
「……言うこと聞けよ」
「んふふ……。ごめんねぇ……」
「私はどうすればいいのよ……。ロキがイクとこ見ながら、一緒にイキたかったのに……」
「だってさ、かごめちゃんがおなにぃー始める前から、アタシはずぅっと一人で頑張ってたのよ? 一緒に、なんて無理じゃん」
「そう、だけど……」
お、まじで困った顔してる。
「じゃ、さ。こうしよう」
アタシは、かごめちゃんの手を取って湯船から引き上げた。
「上がって」
「何よ?」
「お詫びに、アタシがかごめちゃんにご奉仕する」
「え?」
「……いただきっ!」
お口にキースッ!

「…………」
「んふふふふ〜」
本日、都合四度目。
「……キス魔」
「嘘。三度目はかごめちゃんからだもん」
「残り三回はあなたじゃない」
「知らんもーん」
とか言いながら、手をおっぱいに添える。
「……んん」
既にいい感じに昂ぶっているかごめちゃんの体は、わずかな刺激でも敏感に反応してくれた。
休む暇を与えないよう、アタシは激しく手を動かす。
「……んッ……はんっ!」
「ほらほら。さっきまでの毒舌はどーした?」
「……怒る…っ…わよっ!」
「そんな甘い声出しながら言ったって、恐くないもんね」
くり。
乳首あたっく。
「あンッ!!」
それから、アタシは手を下に延ばす。
程よく湿った割れ目に沿って、指を上下に這わせる。
くちゅくちゅ、といやらしい音が狭いバスルームに反響して、さらに高く鳴った。
続けて、アタシ自身が屈み込み、唇を割れめに寄せる。
舌を延ばして、花弁のソトガワからウチガワへと円を描くように舐め取っていく。
鼻先には時折ぷっくりと勃ち上がった蕾が触れ、そんな時アタシは無駄に強く、顔を押し付ける。
「……ゃんッ……ぁふァんっ……!」
アタシの動き一つ一つがかごめちゃんの劣情を掻き立てる様が、手に取るように感じられ、それはアタシの加虐心にも火を点けた。

……いいことを思いついちゃった。
『ことばぜめ』返し。
「ねーえ、かごめちゃん。間違っちゃダメだよ。いじめられて気持ちいいのはアタシだけじゃないのよ。
かごめちゃんも、絶対そういう素質あるんだから」
「……んくっ!」
「一番最初、そうだったでしょ? アタシ忘れてないよ」
「……ぁはんッ……! ……何を……!」
「サドでマゾ。二人とも、そういうことでい〜じゃない。ね?」
「……嫌。そんなこと認めてやらない……ッッッ……!!」
「ごーじょーなお姉さんだな」
思い知らせてやれ、とばかりにアタシは立ち上がってシャワーのノズルを手に取る。
それをかごめちゃんのおま○こに押し付け、蛇口をひねった。
勢いよく吹き出す水が、かごめちゃんの一番えっちな所に直撃する。
「ひやぁあぁぁあああ……!!!」
一際かん高い鳴き声をあげるかごめちゃん。
「こういうの、イイの?」
反応を見ながら、離したり近づけたり、上下に動かしたり、たまに手を添えて水の勢いを増してやったり、いろんなことをする。
するのも楽しい。
……かごめちゃんの様子がおかしいのに気付いたのはそんな時。
目を閉じて、下唇を噛み締めて、何かにじっと耐えているみたいだ。
ははぁん……。
「おトイレ?」
「……えっ!?」
「おしっこでしょ。シャワー使ってすると、そうなんのよね。アタシも経験ある」
「や……違う、そ、そんなこと……っ……ないから!」
「強情張らないの」
アタシは、膀胱の辺りを力一杯押してあげた。

「いやっ! ちょっと、本気でやめてっ!!」
「出しちゃいなよ。ここなら汚れても困らないし。……ってアタシの家じゃないけど」
「そんなっ……! そんなのって……!!」
「恥ずかしい? ダメだよ。アタシだって恥ずかしいとこ見せたんだから」
「それは、おしおきで……!」
「どうでもいいじゃん、もう、そんなこと」
「よくないぃッ!!」
必死で耐えるかごめちゃん。
無理しちゃって。
こればっかりは生理現象だから、ずっと我慢し続けるなんてできないのです。
さもありなん。
さすがに限界が来たらしく、尿道口とそのまわりの筋肉がひくひくと動き始めた。
アタシは体をずらし、その瞬間に備える。(……浴びるシュミはさすがにない)
「やっ……あぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」
ぷしゅっ。
しゃあああああ…………。
「ダメ! 見ないでっ! 見るなっ!!」
今更そんなこと聞けるかってーの。
「うぁッ! あぁ……ッ!! くぅぅうぅンん!!」
突然、かごめちゃんの身体が大きく痙攣する。
うふ。おしっこしながら、イッたわね。
「かごめちゃんの変態。排泄でイッちゃうなんて」
「………ッッッ……!!」
反撃する元気もないかな?

しょぽ、しょぽ、しょぽぽっ……。
次第におしっこは勢いを緩め、それと共にかごめちゃんの快楽の波も引いていくようだった。
くた、と脱力するかごめちゃんをアタシは両脇に手を入れて支えた。
「お疲れさま」

……ちょっとやりすぎたかな。

お風呂を出た後、かなりご立腹な様子のかごめちゃんを見て、アタシはそう思った……。
「……見てなさいよ」
……………こわぁ。
「……ごめん、ちょっと調子に乗っちゃったかも……」
とりあえず、謝るアタシ。
「……だから、許して。ね?」
かごめちゃんは、無表情。
っていうか、無表情なのに怒りのオーラが伝わってくるのが、余計……。
「……次、どうなるかわかってるわね?」
……許してくれる気はないみたいだった。
あ、でも。
次、って、もう一度かごめちゃんはアタシに会うつもりだ、ってことなのかな?
お互い初対面だったけど、いろいろあって、何だかアタシはずっと友達だったみたいな気になっていたのだ。
だから、かごめちゃんもそうやって、『次』を期待してくれてるのはちょっとこそばゆかった。
「……何にやにやしてるのよ」
「べっ、別に。何でもないっす!」
「逃げるんじゃないわよ」
逃げないよ。
アタシは、心の中で、そう答える。

だって。

かごめちゃんと友達になれたこと、アタシはすごくすごくウレシイと思ってるんだから。


――逃げたりなんか、絶対するもんか。           〈 第二話  了 〉

トップへ

動画 アダルト動画 ライブチャット