────────────────

「…ん……んぁ…ぁ…」
ソファの上で私を後ろから抱きしめるように、シンゴはキャミソールの上から胸に手を這わせる。
耳元にシンゴの熱い吐息を感じ、指先が震えていることも気づいた。
ぎこちない彼の愛撫に私の口からも声が漏れる。
そんな口を前からジュンが唇で塞いだ。 私は二人に挟まれるようにして愛されている。
私はそっとジュンの首に腕をまわし、より唇を深く重ねた。
そっと彼の舌が私の中に入り込み、恥ずかしい音をたてて唾液が二人の間を往復する。
「んむ…んちゅっ……ちゅぱっ……ぁふ……」
まるで嫉妬しているみたいにシンゴの指がぎゅっと強く動き、私のふくらみを握る。
「あ…ぁぁひっ…!」
おもわず唇を離して声が出てしまった。
「いいかい? 脱がすよ?」
シンゴがゆっくりとキャミを捲り上げ、ジュンがブラの後ろのホックをはずす。

開放感とともに、まだ誰にも見せたことのない二つのふくらみが外気に触れた。
「…けっこう胸おっきいんだね…」
「…やだっ……あまり見ないで…」
ジュンが呟き、私の顔は赤くなってしまった。
「…俺も見たいなー」
シンゴがすねるように言うと、直接肌に触れて上下に揉みしだく。
「やわらけぇ…で、先っちょだけかてえの…不思議だよなぁ」
人差し指で乳首の先を押し潰すように揉む。
「はあぁっ!」
私の背中がぴくんと跳ねた。
そしてジュンはすかさず、右側の乳首にキスをした。
「やぁっ…!」
舌で転がすように乳首を舐める。 全身に電気が流れたみたいに私は震えた。
「はぁ…はぁ…ユキ…おいで…」
ジュンは私から離れて、床に仰向けになると手を差し出した。
「うん…」
シンゴの膝の上から私は立ち上がり、ジュンに覆いかぶさった。
四つんばいになった私の下で、ジュンは音をたてながら胸の蕾を舌で味わった。
「ん…ぁん……くぅん……」
揺れる胸に舌が這い回るくすぐったさ…だめ……息ができなくなる……。

シンゴが後ろからスカートを捲り上げ、私はびくっとした。
「ひ…ぁっ…!」
無防備に下半身がひやっとした外気に晒され、ジュンの舌の動きに合わせて双丘が揺れている。
「…かわいいおしり…我慢できない…」
シンゴの手が腰のゴムをくぐって布の中に侵入する。
「やっ……あっ…あ…ひ……」
指がおしりの割れ目をなぞって下に降りていく。
「…濡れてる…すげぇ……」
「…だめっ! ん…んぁっ!!」
指が蠢くと、くちゅ…ぬちゅ…と音が出る。
シンゴはそのままショーツに手をかけてゆっくり下げていく。
「…あ……見ないでぇ……」
「きれいだよ…ユキちゃんのここ……」
わたしは恥ずかしくて目をつぶった。
きっと性器だけじゃなくて、もっと恥ずかしいところも全部見られている…そう思うと身体がさらに熱くなってきた。

シンゴは左手の指で性器を割り開くと、右手の中指と人差し指を柔肉にクチュクチュとこすり付ける。
「あ…んっ! やめて……いやぁん…っ!」
首を下げて下腹の方を覗くと、雫が音をたてて床に滴り落ちていくのが見えた。
「…うそ……」
「ほんとだよ…もうぐしょぐしょになってる……」
そう言いながらシンゴは私の腰を両手で掴むと、顔を性器に近づけていった。

ぺろっ…ちゅぱ…ちゅるっ……
「ふぁああぁっ…!」
シンゴは柔らかい肉襞に吸い付き、あふれる愛液を味わう。
さらに膣に舌を差し込まれ、内壁をくまなく舐められた。
そして身体の下では、ジュンが乳首をかりっと咬む。
「だめぇ…っ…だめえぇっ! …あはぁ…っ!」
私はがくがくと震え、力がぬけるように仰向けに転がった。
休む間もなく私の両足の下にシンゴがもぐりこんで性器を貪るように舌を這い回らせる。
「うぅん……うくぅ…」
「はぁ…はふ……なめてもなめても…溢れてくる…」
彼は唇を押し付けてじゅるじゅると音を出しながら愛液を飲み干す。

「やぁ…ぁああん……ぁ?」
ぼうっとした私の視界に何かが写った。
「ユキ…口をあけて…そう……」
「んっ…! んむっ…」
口の中に熱くて固い…棒状のモノが差し込まれる。
「…ふぅ……しっかりくわえて…ん……」
ジュンの声が聞こえてくる。
言われたとおりに抜けないようにしっかりとしゃぶりつく。

唇で締め付けると、びくんびくんと脈をうち、柔らかい先端からちょっとしょっぱい何かが滲み出ていた。
はじめはゆっくりと、やがて速度を速めながら口中のモノが唇を出入りする。
「はぁ…はぁ…ユキ…ユキ……!」
「ひぃ…ん……う…!?」
口の中で何かがどぷっと溢れた。 青臭いどろっとした粘液が喉の奥へ落ちていく。
「あぅん…っ! んぷっ…」
私はモノから口を離し、目を見開いてはっきりと見た。
「あぁぁっ… ぃやぁ…ん」
目の前でジュンのおちんちんがひくつきながら白い液を私の頬に吐きかけた。

「もう…俺も……我慢できないよ…」
シンゴが私の足を大きく拡げる。
「あっ…」
「挿れるから…痛かったら言えよな……」
熱い塊の先端が触れる。 そしてゆっくりと中に入り始めた。
「あぁぁっ! やん…いやぁぁっ!!」
すでに極限にまで濡れていた私の膣は、滑るようにシンゴの肉茎を受け入れた。
「い……いたぁい……! んあはぁっ!」
「んあっ…ユキちゃん……最高だよ……」
シンゴは荒々しく腰をふりはじめた。

「あ…ひぃっ! んぐっ…んあっ…!」
徐々に腰を持ち上げられ、上から突きおろすようにシンゴは動いた。
「…あ…あ…こんなっ……やぁっ…んむっ!」
大きく開けた私の口にジュンが上から残りの精液を滴らせて流し込む。
「きれいに全部舐めて…次は俺が挿れるから…」
「ん…ごく……んっ…」
「はぁっ…はぁっ…ユキ…!」
シンゴの腰がぐいっと前に進み、ぴくっと痙攣した。
「ぅあああああっ! ナカが…お腹の中が熱いよぉっ!!」
膣の中で、シンゴのおちんちんがどくんどくんと脈打ちながら放出する。
シンゴは私をしっかりと抱きしめ、汗びっしょりのままキスをした。

「ほら…舐めてみて…」
シンゴはさっきまで私の体内にあった精液と愛液でどろどろの肉茎を目の前にぶらさげた。
「ん…はぶっ……んむっ」
性器が口の中で固さを取り戻していく。 それを愛しく感じ、私は夢中になってしゃぶった。
「ユキ…そんなに強く吸ったら…んっ…!」
私は彼の股間に顔を埋め、四つんばいになって腰を高く突き上げた。
すると膣から彼の精液が流れ出し、太股を伝って床で白い水溜りになる。
そして、つきだしたおしりをジュンが掴み、ぱっくりと口を開けた淫裂に荒々しく自らの肉茎を挿入した。

「んぁぐぅううぅっ…!!」
ジュンは、そのまま思いをぶつけるように音を立てて腰をたたきつける。
「はぁっ…はぁっ…ユキ…ぃ……」
私は頭の中が真っ白になりつつ、快感と幸福感に包まれていた。
『三人…ひとつになれた……』

喉と膣に同時に二人の精液が流し込まれた瞬間、すぅっと意識を失った。

──────────────────

私は息を切らせ、路傍の枯葉を蹴りながら走っていく。
学校の補習や追試で一週間も二人に会えなかった。
あの夏の夜から冬の訪れる前まで、毎日のように屋上で三人で過ごし、そして愛しあった。
こんなに長い間、メールもしなかったのは初めてだった。
やっとの思いで留年だけは免れ、二人に会いたい気持ちを高鳴らせながら、私は高校の制服のまま駅前に走った。
しかし、いつもなら弦のチューニングをしながら座っている石段に二人の姿は無かった。
「あれ?…またシンゴが遅刻でもしたのかな?」
胸騒ぎを感じながら私は周囲を見渡した。

「ユキちゃん?」
ギターケースを担いだ背の高い青年が声をかけてきた。
「あ、ジョニーD! わたし、今日で補習終わったんだ! だから、またよろしくね♪」
彼は、純真とライブでセッションしたこともある音楽を通じた友人だった。
「え? ……ユキちゃん…何言ってるんだ…? もう二人はこんなところ来ないだろ?」
「…え……?」
さぁっと体中を流れる血の温度が急降下していく。
「今頃、二人はスタジオでプロスタッフに囲まれてレッスンだろ? …まさか、知らないなんて……?」
「…だって……今日で…補習……ここで……約束……」
私はがたがたと震えてきた。
ジョニーDは慌てて口を噤んだが、少しの間考えてゆっくりとユキに伝えた。
「…ユキちゃん……知らなかったんだね…… 二人は2日前にここでスカウトされたんだよ…MZDに」
「…なんで…私に教えてくれなかったのかな…?  だったら私もはやくスタジオ行かなくちゃ……」
私は携帯を取り出し、震える指でジュンの番号メモリーを押した。
しかし、聞こえてきたのは、この番号が既に使用されていないことを無機質に伝える声だけだった。
そしてシンゴの携帯にかけても同じだった。

「違うんだ、ユキちゃん……スカウトされたのは二人なんだよ……二人だけ…」

私は振り向かず駆け出していた。 そんな嘘信じないよ。 あの屋上で二人は待っているんだもん。
あの角を曲がって、屋上まで駆け上るの。 そして二人の胸の中で約束してもらう。
『ぼくらはずっといっしょ。 ここが君の居場所だよ』って。 やさしく涙を拭いてもらうの。

あのビルは無くなっていた。
瓦礫の山の上に鉄の腕を持った重機が怪物のように君臨する。
石の間で埃にまみれて、その上で何度も愛し合ったソファが半分潰れて埋まっていた。

私の居場所……なくなっちゃった……

ジュンとシンゴは……私じゃなくて芸能界を選んだんだよね?

でも大丈夫、わたし平気だもん。 泣く代わりに二人を憎む。 精一杯、憎んであげる。
次の目標決まった。 私、アイドルになる。 それも頂点の。
誰も私に逆らえなくなったら、純真は私のバックバンドにしてあげる。 一生、表舞台には出してあげないわ。
時間が無い…早くしなくちゃ……最短で昇りつめるの。 私の居場所は…私が創る。 どんな手段を使ってでも。

毎日、息が出来なくなるほど歌やダンスの練習して…遊びに行きたいのも我慢…食べたいものも我慢…
お金は全部、お化粧やエステに使った。 そして……カラダやプライドさえも男たちに差し出した…
わたしは、二人を忘れるためにレッスンや、他人を陥れる策を巡らすことに没頭した。
レッスンは辛かった。 身体を壊しても休まず続けた。
何かひとつ策を企てる度に、わたしの中で何かが壊れていった。
でもわたしは幸せだった。 集中しているあいだは嫌なことはすべて忘れられたから。

────────────────────────

「なして? なして、そこまでしてアイドルになりたいっしょや?」
モエはまっすぐに私を見つめて問いかける。
「 復 讐 ・ ・ ・ 」
ユキは短く、それだけ呟くとモエのジャージの襟に手をかけ、一気に左右に開いた。
「……え? いやああぁぁっ! ユキちゃぁっ!」
プラスチックのジッパーが悲鳴を上げて千切れ飛ぶ。 しっとりと汗のかいたTシャツにふくらみがくっきりと浮き上がっていた。
モエは慌てて胸を両手で押さえてしゃがみこむ。 それをユキは転がすように床に押し倒した。
「やめれっ! ユキちゃ…やぁあめれえぇっ!」
「…あなたさえ…現れなければ……あなたさえ……」
モエの抵抗に構わずユキはジャージのパンツを下ろし始めた。
「あ……やだぁっ! やめれっ…おねがいぃ! ごほっ!けほっ!」
悲鳴をあげてモエは激しく咳き込んだ。

ユキは周りを見わたすと、コードを固定するためのガムテープが置いてあるのを見つけた。
「ほら、あんまり大声出すと咽喉が潰れるわよ…大人しくしててね……」
そう言ってモエの口をテープで塞ぐ。 そして手首や足首を揃えてテープを何重にも巻いた。
「ん───っ! んん…っ!」
モエは抵抗しようとしたが、既に身動きが取れなくなっていた。 どんなに叫んでもテープに阻まれて声も上げられない。

ジャージパンツをショーツと共に膝まで下ろされ、ユキの腕が膝の裏側にまわりこむ。
そして膝を胸につける様な格好になると、モエの秘所は何処にも隠すことは出来なくなっていた。
「ふぅん…見た目どおり純情そうなマンコしてるね…自分でもいじったりしないの?」
「ふうぅぅぅっ! んーっ! …ん───っ!」
指をすじに這わせてみる。
「んぐっ! っ…! ふっ…んむっ……」
「ほんと、あんたって幸せそう……ムカつくほど……」
ユキは親指とひとさし指でモエの淫裂を割り開き、ピンク色の柔肉に中指をクリクリとこすりつけた。
「…んんっ!! ん───っ! んん…っ!」
徐々に、ぬるっと中指が滑るようになっていく。 モエの身体がぴくっと動いた。
「あした……あなたは朝一番でここを出る……いい? そして私の前に二度と現れない……いいわね?」
くちゅっ…くちゅっ…と音をたててユキの指が前後に動く。
「んっ…んっ………んんっ!」
モエの背筋が反り返り、身体ががくがくと揺れる。
「あら、もういっちゃったの? でも…お楽しみはこれからよ……」

モエは苦しそうに肩を震わせながら、鼻から酸素を一生懸命に吸い込んでいたが、ユキの指は容赦しなかった。
蠢く指に、身をよじって逃れようとするが、ユキは冷酷に中指を膣口に入れはじめた。
「ふ…ふ…んぐぅ…っ! ん───っ! ん───っ! ん───っ!!」
ぐちゅ…にちゅ…と粘膜を掻き分ける音がホールに響く。

「本気にさせた……あなたが…悪いのよ……」
ユキは指の動きを早くし、モエの膣をぐちゃぐちゃと引っ掻き回した。
「んんんんんんんっ!! んんっ!!」 
さらに空いている指で、乱暴にクリトリスに刺激を加える。
モエは瞳から大粒の涙を流しながら激しく首を左右に振る。 ガムテープの奥から苦悶するようなくぐもった声が…。
「…んっ…んっ……んくぅっ!!」
そして咽喉の奥を詰まらせたように鼻から息を吐く。 全身がぴくぴくと痙攣している。
「ふぅっ…またいっちゃった? ほら、私の指見える? しわしわになるくらい、べとべと…」
「…ふーっ…ふーっ…ふーっ………」
モエはもう全く抵抗せず、鼻で断続的に息をしながらぐったりしていた。

「あら、もう許してもらえると思った? んふふ…私の顔、殴ったでしょ? こんなものじゃ終わらないからっ!」
ユキは指を三本揃えると、ひくついている淫裂に無理やりねじりこんだ。
「んぐぅぅぅぅっ!! んんんっ!! んん───っ!」
「ほら…ほら…あまり暴れると膜が裂けちゃうよ…」
ユキの指は、既にモエには苦痛しか与えていないことは明白だった。
そして、モエは痙攣しながら鼻から深く息を吸い込みはじめる…もう限界が近づいていた。
「はぁ…はぁ……そろそろね……はぁ…はぁ……これで逝けっ!!」
そう言ってユキは親指をくの字に曲げるとモエの窄まりに強く突き立てた。

「ん゛ん゛ん゛───っ!!」

… ぶ し ゅ っ
ユキの指を押し出すほどモエの膣から体液がほとばしる。
ぷちゅっ…ちゅるっ…
「ふうぅぅぅぅっ…んふうぅぅぅぅっ………」
モエは全身を激しく震わせながら、性器から淫液をだだ流しにしていた。
「んふふ…モエちゃんって変態よね…おしりに指入れられて潮まで吹いちゃったの……? いい格好よ……」
ユキはモエの淫液でねばつく指を舐めながら立ち上がり、ポケットからデジカメを取り出した。
「はぁい♪ チーズv」
そして涙を流し、子犬のように震えながら床にころがるモエに次々とフラッシュが浴びせられた。

カメラにメモリーオーバーの表示が現れる頃、ユキは目の前の惨状に自分を取り戻した。
「…はぁ…はぁ……こ、これ……わたしが…やったの……?」
自分のしたことが信じられず、後ずさりをする。
いままで大勢の人間を泣かせてきたが、同性に対して直接手を下したことはなかった。
「…? やだっ……」
そっとスカートに手をいれ、自分の股間に触れると…そこはしとどに濡れていた。
そして、彼女は逃げ出すようにホールから駆け出していった。

ホールには…モエのか細い泣き声だけが残されていた。

<続く>

トップへ

動画 アダルト動画 ライブチャット